アイレントホーム株式会社
アイレントホーム株式会社 社長




アイレントホーム株式会社
「すべての人の未来のために。」

アイレントホーム株式会社は、「住まい」におけるすべての分野で、
皆さまのお力になれるような総合不動産業の確立を目指し、
追い求めていくべき不変の価値観である「架け橋になれる企業」という企業理念と、
「新しい風を吹き込む企業」という経営指針を志してまいりました。

「衣・食・住」という生きるうえで欠かすことのできない三本柱。
このひとつである「住」のエキスパートとして、アイレントホームの事業領域すべてにおいて、
お客様から最も支持される企業となり、不動産サービスシェアNo,1を目指して、
私たちは更なる努力を続けてまいります。

2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、私たちが取り扱う「住まい」の重要性や意味を深く考えさせられました。太陽光発電や電力備蓄などのエコ住宅、倒壊を免れるための耐免震設備、少子高齢化に向けた高齢者向け介護住宅など、これからの未来に向けて大きな変革の流れが起きています。
このような事業環境のもと、常に「何が求められているのか」を第一に探求し続け、先を見据えた革新的なサービスを提供していきます。

人と人との絆が大切な今だからこそ、私たちが「住まい」を通じて、すべての人の未来が明るく幸せな笑顔に満ち溢れたものになるように、高い志をもって決して立ち止まることなく、全力で総合不動産事業に取り組んでまいります。

「すべての人の未来のために。」
私たちアイレントホームが架け橋となり、社会に新しい風を吹き込んでまいります。
今後ともより一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。


2013年2月
アイレントホーム株式会社 代表取締役社長
アイレントホーム 井浦 佳孝



このページの先頭へ